曹洞宗の教え

總持寺
總持寺(そうじじ)

子どもでもわかる!曹洞宗の教え。

曹洞宗は、13世紀に道元禅師によって中国から日本に伝えられた仏教の宗派です。曹洞宗の教えは、坐禅を通して自分自身を見つめ、本来の自分に出会うことを目指しています。

  • 寝る前に、今日あったことを振り返り、感謝の気持ちを持って手を合わせよう。
  • 朝起きたら、太陽の光や風の音を感じて、自然の美しさを感じよう。

みんなの中に仏様がいる

曹洞宗では、誰もが本来、仏と同じ心を持っていると考えます。しかし、私たちは日々の生活の中で、様々な煩悩に覆われて、本来の自分を見失ってしまいます。坐禅を通して心を静め、雑念を払い除くことで、本来の自分に出会うことができるのです。

自分自身を見つめる

坐禅は、ただ座って目を閉じるだけの単純な行為ではありません。自分の呼吸に意識を集中し、今この瞬間に起こっている自分の心と体の状態を観察します。良い悪いではなく、ただありのままの自分を受け入れることで、自分自身を深く理解することができます。

日々の生活を大切にする

曹洞宗では、坐禅だけをすれば良いという考えはありません。坐禅で得た気づきを日々の生活に活かしていくことが重要です。例えば、勉強やスポーツに取り組むとき、目の前のことに集中して、最後までやり遂げる力をつけることができます。

自然と調和する

曹洞宗では、自然と人間は一体であると考えます。自然の美しさや力強さに触れることで、自分自身の心も清められます。